参加者の声 現地教育実習レポート

参加者の声 見学・視察・ボランティア・研修

空港でコーディネーターのユリコさんと

守屋 流詩亜さん
プロフェッショナル・ビジット・プログラム

ブリスベン公立小学校(2016年3月)

大学の先生からの紹介でこの魅力あるプログラムを知りました!

大学で小学校教育や日本語教 育を専門に学んでいる私にとって、現地の子どもたちとの関わりや実際の教育の現場に入り見聞きすることは多くの学びを得られるのではないかと考えたのと同 時に、ホームステイという環境を生かし自分の英語力をあげることも出来ることがこのプログラムへの参加の決め手となりました。

実際に現地の小学校を訪問し、どの教室にも意識されていたことは「個」を大事にしているということです。多くの時間を使い、子どもたちが自主的に問題に対 する自分の考えを深めていくという場面が多くあり、子どもが主体という授業作りには毎回驚かされました。また、小学校の時期から他国への理解や言語の楽しさを実感していくことのよさを感じることができました。

休み時間には教師と子どもがいったん離れることによって教師同士の情報交換や学び合いがより多くできるということも、ひとつの大きな気付きでした。

私は今回、訪問先の小学校の先生のお宅へホームステイをさせていただき、多くの先生方との交流の機会をもちました。日本とオーストラリアの 教育の相違点や、実際に行われていた授業の方法や意義などをより専門的にお話しすることができて、多角的な視点からの学びをすることができ、とても貴重な 機会であったと考えます。また他の先生方のお宅にもお邪魔し、オーストラリアの暮らしや食文化も味わうことができました。そして何よりもオーストラリアの あたたかく明るい人柄に触れられたことが嬉しかったです。

訪問先の小学校を離れる際、寂しいと泣いてくれる子どもたちを目の前に、将来自分はどのようにして子どもたちと関わっていきたいのかということを考えさせて くれる時間となりました。そして色々な方向からの子どもたちのアプローチ法を得ることで、将来子どもたちを手助けする際にこのプログラムで得たことが大きく力になるだろうという確信も得ることができました。また一週間という短い期間ではありましたが、多くの子どもたちや先生との出会いを経験したことが、私 自身の強みにもなっていくことを日本に帰ってきた今実感しています。

岩本さん、鬼丸さん、中富さん
チャイルドケア兼幼稚園

オーストラリアでの子ども達の生活、遊び、教育に触れることができた貴重な時間でした。先生方が実際にどのような言葉やテクニックを使っているか知れたことはとても興味深かったです。とにかく子ども達のパワーに驚きながら充実したボランティア実習となりました。

猪狩尚美さん
公立小学校アシスタント

海辺の小規模な小学校。高学年の日本語クラスで、アシスト、そして授業も担当させて頂きました。不安と緊張でいっぱいでしたが、先生方やスタッフの方々は皆さん親しみやすく、何より子ども達がとても人懐っこく可愛いので、直ぐに緊張が解けました。日本語(ここの学校の子ども達は外国語として日本語を学んでいます)の授業では、自分でレッスンプランを立て、それに沿って授業を進めました。教えることの難しさを改めて体験し、それと同時に楽しさと充実感を得ることが出来ました。このボランティアは、学んだことを実践できる最高の場所でした!

村井友梨映さん
幼稚園ボランティア

J-SHINE4週間コース受講後、正資格を取得するためと現地に密着した経験がしたかったため、ボランティアに参加しました!

先生方やスタッフの方は、気さくな方ばかりで、相談しやすい雰囲気があり、相談事があるときにとてもよく対処してくれたのでボランティアしやすい環境でした。園では子ども達のお世話、そして日本語を教える時間や、絵本読みをする時間等もとってもらい、まさに『実習』としての体験ができました。子どもたちもみんな素直で可愛く、オーストラリアでボランティアをして良かったなとつくづく感じました。大変有意義な時間を過ごすことができました。

お申込み

お申込みはこちらからお願いいたします。